teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


4年 練習試合

 投稿者:鈴木  投稿日:2017年 5月30日(火)16時51分58秒
返信・引用
  日差しの強い日でしたが、合計4試合を一日がかりで消化。疲労困憊の相手チームに走り勝ち、帰りの車では勝利の余韻に浸る事ができました
畑中コーチ、マッチメイクありがとうございました

・試合結果
KSC 2:2小金井緑
KSC 7:3若葉
KSC 4:1小金井緑
KSC 5:0若葉

第一試合の立ち上がり、化成のキックオフで試合開始。すると、すぐさま珍事件が発生
キックオフを後ろへ大きく蹴りだすと、誰がボール??を取るのか皆で譲り合って、そのままゴールの中へ
(ルール上は、キックオフでオウンゴールは無いのですが、審判がゴール判定してしまい、開始3秒で失点)
なかなかペースを掴めないものの、ケイスケの右足でのゴールなどで2点を返して何とか同点に。

次の試合も前半の立ち上がりに、いきなり三失点。。。
暑さもあって、徐々に気分が滅入ってきますが、そこに救世主が現れました。3年アツシっ。
トップ(攻める人)に入ったアツシはハットトリック(一人で3点)を達成。圧巻だったのが、ハーフラインからドリブルで五人抜きしてそのままゴール。“ワンダーボーイ”の誕生でKSCは勢いづきました
そしてその後、ダイゴとヨリが、それぞれゴールポスト直撃弾を放つなどペースをつかんでいくと、最終ラインからタツキが正確なロングパスで一気に相手背後を狙い、攻撃陣が大爆発!
守っては、シュウ、ナツキ、リュウトがグイグイ相手に体を当てていき、攻撃の芽を摘んでいき、大逆転で勝利を収めました

第3試合以降は相手チームに疲れが見え始めKSCのペース
右サイドはトモキが単独で抜け出し、リオンとのコンビプレーでゴール前を再三脅かします。
守備は、サイドを抜けてくる相手には、ワッくんが鋭く潰し、ミミは相手位置を目で確認しつつポジションを調整し1人で最終ラインに残りつつ、敵陣へみんなで押し込みました。

日差しが強く、体力を心配しましたが、育成会で準備して頂いた氷バケツとテントで涼を取り、何とか4試合を乗り切れました。
また、皆瀬コーチを始め、帯同コーチの皆様お疲れ様でした
今後はキックオフ・オウンゴールの無いよう(笑)、気を引き締めて、次の試合も怪我なく頑張りましよう!
 
 

5/3 4年 練習試合@北山小

 投稿者:鈴木  投稿日:2017年 5月 9日(火)15時31分14秒
返信・引用
  北山小SCとの練習試合。試合結果をお当番のお母さんから借りて、スマホでパシャっ?と写真を撮る。よーし、活動報告を書くぞ~と思いきや、スマホが故障?
試合結果は分かりませんが?、みんな元気に自転車?での初移動。楽しんできました?

タツキ,シュウ,トモヤ,ケイスケは5年の助っ人へ。5年ササ&ヒマリ、3年トモキ,リオン,アツシを4年の試合に借りました。
ササは豪快なボレーシュートをゴールに叩き込み、ヒマリはシュートフェイント(シュートの振りをしてパス)の妙技を見せ、チームを引っ張ってくれました。
4年もイワユウとリュウトを中心にチームを鼓舞して盛り立てて、3年リオンと4年トウゴが順番にゴールキーパー。二人ともシュートから逃げることなく、ゴール前に仁王立ちする勇気がありました?
最後の試合には、5年の助っ人に行った4人も途中出場。0-3の劣勢から3点を返して、試合を盛り上げてくれました?
次の試合も、みんなで頑張ろ~??

追記: スマホ直りました(笑)。試合結果を追記します

・試合結果
5年 化成 0:0 北山
4年 化成 2:5 北山
5年 化成 1:3 北山
4年 化成 1:2 北山
5年 化成 1:0 北山
4年 化成 4:0 北山
5年 化成 2:1 北山
4年 化成 2:3 北山
5年 化成 0:0 北山
4年 化成 3:3 北山

----- ----- -----
 

4/29 四年ハトマーク フェアープレーカップ

 投稿者:鈴木  投稿日:2017年 5月 2日(火)17時47分0秒
返信・引用
  フェアプレーカップ、戦ってきました!
転んで膝にスリ傷を作る子は居ましたが、大きな怪我もなく、元気にがんばってきました

・試合結果
ワラゴマ 2-0 KSC
大和北 2-1 KSC
→1次リーグ敗退決定

・概要
「天候が荒れる」の予報がありましたが、そんな気配は微塵も無く、快晴そのもの。そして、気合十分の子供達
開始早々、普段の試合とは運動量が違います。特にトモヤはピッチの端まで走り、厳しくボールに寄せていきます(トモヤは今大会のKSC優秀選手賞を受賞)。
相手チームには個人技の上手い選手が多い中、塩ユウ、岩ユウでボールを奪い、その後ろをタツキがカバーして上手く防いでいきます。
しかし、前半の早い時間帯に、KSCのゴール前にフワっと浮いたボールに、太陽が目に入ったのか、キーパーが捕球失敗し、ワラゴマに先制ゴールを許します。
しかし、ズルズル失点を重ねることもなく、メンタル的には全く負ける気がしないKSC。ボールを前線につなぎ、チャンスを作っていきますが、ケイスケのループシュートも、応援席を沸かせましたが、惜しくも枠外。(あともうチョット、惜しかったっ!!)
得点にはなかなか結びつかず、初戦を落とします。

1次リーグ突破には、1位抜けが必須。対戦チームの結果も気になります。
ワラゴマと大和北は、なんと、大和北2-0ワラゴマ
つまり、次の試合に3点差の勝利でKSCの1位突破が決まります
望みをつないだKSC、子供たちはやる気満々デス

初戦とメンバーを少し入れ替え、ヨリを右バックで先発。初戦と同様に、固く守って、トップのケイスケと、右サイドの高い位置で待つワックンで攻めます。それを左サイドのリュウトがサポートする展開も、なかなか得点はできない中、大和北の豪快なミドルシュートがゴール左上に突き刺さります。(あれは大人のGKでも取れないかも...)

0-2の劣勢のKSC。後半に入ると、急に激しく雨が降り始め、予報通り荒れてきました
冷たい雨に打たれて、選手はみんな疲労が見えてきます。1試合目の疲れも見えてきた頃、トモヤのミドルシュートで1点差に詰め寄ると、子供達に元気が見えてきます。そしてダイゴ、ナツキ、ミミ、トウゴも「オレが代わるヨ!」と次々と交代を志願。ベンチメンバー全員がピッチへ出ての総力戦となりましたが、追加点を得る事はできず、そのまま試合終了

上位リーグへ進出はなりませんでしたが、
審判員としてサポートしてくださった畑中C、岩崎C、
応援に駆け付けてくれた、多くのお母さん達と皆瀬C、
そして、24個のグミを、4年13人に何故か上手く配れなかった2年アツシ(笑)、本当に応援ありがとうございました!
 

4年 練習試合

 投稿者:鈴木  投稿日:2017年 4月25日(火)14時48分33秒
返信・引用
  校庭改修後の四年の初ホーム試合
新キャプテン/シュウが率いる初陣です
左サイドをトモヤが崩して、最後はトウゴが押し込み、トウゴの初得点もありました
また、ダイゴも、右サイドのこぼれ球を足元に収め、左ポストを直撃する惜しいシュートを放ちました

?試合結果
0 KSC vs 東久留米 7
5 KSC vs 久米川FC 1
1 KSC vs 東久留米 2
0 KSC vs 久米川FC 1
1 KSC vs 東久留米 2
4 KSC vs 久米川FC 2

育成会の皆様、駐車場の誘導等の御協力ありがとうございました。
コーチの皆様、会場設営および審判等のサポートありがとうございました。
来週の公式戦(14Bフェアプレーカップ)も怪我の無いように元気いっぱいがんばります!
 

3年練習試合@昭島スカイイレブン

 投稿者:鈴木  投稿日:2017年 2月 1日(水)12時52分2秒
返信・引用
  昭島スカイイレブンさんから練習試合のお招きをいただき、暖かい日差しを受けて、1日サッカーを楽しんできました

集合時間は11時半。暖かい時間のはずが、険しい表情の子供が1名。風邪+インフルエンザ+学級閉鎖で、1週間をほぼ寝たきりで過ごしたシュウ。前日の練習で両足を筋肉痛にして「ロボット歩き」で登場しました(笑)

さて、試合の内容は、
KSC 0:3 つつじヶ丘
KSC 1:1 昭スカ
KSC 0:2 つつじヶ丘
KSC 0:2 昭スカ
KSC 0:0 つつじヶ丘
KSC 0:2 昭スカ
みんな良く頑張りました

1試合目が最も点差が開きましたが、キーパーの届かない位置にヘディングシュート等の失点で、凡ミスは無く、非常に健闘しました!
KSCが主導権を握るシーンも作れました。トップ(攻める人)に入ったケイスケがボールをキープすると、それを追い抜いて行くトモキへ合わせて、再三ゴール前までボールを運びます。ケイスケ起点で左のトモキ、右サイドのリュウトへ散らして、手に汗握る攻防が見られました。
また、守備は、ボランチのトモヤを中心に、ミミとワックンで良く粘りました。相手のエースには、アツシがマーク。しつこく喰らい付き、アツシを途中投入してからは失点はゼロ。ナイス,アツシ!
(^^)b

以降の試合でも、2年生はとても頑張ってくれました。全体的にポジショニングが良くなり、バックとフォワードの区別が付いてきました。
(右サイドと左サイドの区別は、まだまだ気にしない様子ですが(笑))
リオンはキーパーを志願。何度も強烈シュートをがっちりキャッチ。ゲームを壊さない最少失点でしのぎ切り、チームを盛り立てます。
三年生も負けていません。「1点取り返してやろう~っ!」と皆瀬コーチの檄も飛び、ゴールを目指すKSC。そんな中、トモヤがドリブルで前へ運ぶと、ゴール前で待つダイゴと壁パス。絶妙なタイミングでトモヤの足元へパスが戻ってくると迷わずシュート! 僅かにゴール右へシュートが外れましたが、二人は完璧なリズムで相手守備を崩し、ニコニコ顔でハイタッチ!見せ場を作りました!!
そして、この日の唯一のゴールはワックン。フワッと浮いたボールをケイスケがヘディングでワックンの足元へ落とすと、右足を振り抜き値千金のゴール!

一矢報いたKSC。天候にも恵まれ、楽しい一日を過ごせたのではないでしょうか。再来週も昭スカさんの御誘いをいただき、練習試合です!校庭復旧と時期を同じくして、3年生も開幕、試合数が増えてきました。寒い季節も熱い試合で乗り切りましょう
(^-^)/
 

3年練習試合@久米川小

 投稿者:鈴木  投稿日:2017年 1月26日(木)13時46分35秒
返信・引用
  「金曜日の夜から地域によっては大雪の見込み...」と、予報が出ていましたが、朝から快晴。グラウンドも非常に良好で、3年生1209名、じゃなくて、12名でサッカーを楽しんで来ました。
得点結果は...手元に記録を控えるのを忘れたので育成会から「シュート」が刊行されたら御確認ください...orz
ただし、2試合とも勝利は掴みました!!

・対戦相手:久米川小、メスターノ

第一試合は久米川vsメスターノ。
試合開始早々、アイリちゃんがゴール前に飛び込み、ゴール左下へ蹴りこみ先制ゴール!他チーム所属の化成の子も元気いっぱいプレーをしていました。

第2試合、第3試合と、連戦のKSC。試合の概要としましては、ビュービューと北風が吹き込み、砂ボコリと寒さにガタガタ震える大人をよそ目に、序盤から岩ユウが相手バックの裏へ抜け出す得意の形からシュートを放ち、KSCに勢いを付け、全般的に危なげない試合運びとなりました。
相手の攻撃も、ミミが男子に負けまいと一対一を挑み、ナツキは相手のドリブルコースへ体を入れてブロック。大きく蹴り返してコースが逸れるボールにも、リュウトが上手く足元でコントロールして攻撃へ繋げる。トモヤへ繋がると相手バックの手前からミドルシュート(遠くからのシュート)。相手が前へ出てくると、ケイスケ&タツキで正確なパスとドリブルで切り込んで、ワックンがゴールを決め、KSCが主導権を握ります。
前掛かりとなっている所でカウンター攻撃を受けた時は、トウゴが上手く間合いを寄せてミスを誘い、ピッチ中央でダイゴがスペースを埋めてカバー、そして1対1で抜群の勝負強さのある塩ユウで刈り取ります。取りこぼしがあっても、キーパーに挑戦したヨリが、果敢に飛び出しボールを捕球する。パントキック(手に持って蹴る)も10m超えの自己最長を更新し、試合前の鈴木コーチとの「コソ練」の成果が実りましたv(^^)v

化成小グラウンドも復旧して長い休部(?)も終わります。今週末も練習試合です。寒さに負けず、今年も頑張りましょうっ!
(^o^)
 

③練習試合

 投稿者:鈴木  投稿日:2016年11月29日(火)13時55分3秒
返信・引用
  青葉FCさんからお誘いを戴き、練習試合にお邪魔しました。

<試合結果>
KSC 0vs4 青葉
KSC 1vs0 萩山
KSC 1vs1 青葉
KSC 1vs0 萩山
KSC 2vs3 青葉

青葉FCは2-3年の混成チーム。KSCも同じく2-3年の混成チームで挑みます。
岩ユウは、サイドのスペースへ開いてボールを受けるとカットイン(ゴール方向へドリブル)で鋭いシュートを打ち込む。
塩ユウはボールへ厳しく寄せてボール奪取、そしてスペースへ走り込み攻撃のチャンスを伺う。ナッキーは2年生とコンビを組んで相手の攻撃を追い込み、
新入りのヨリは、うまく足の裏を使ってボールコントロールして、ポストプレー(パスを受けて攻撃の起点となる)を試みる。そして、顔にボールが当たっても、何事もなかったようにプレーを続けた姿に、大器の片りんを感じさせた。

萩山SAは1年生を含むメンバー。KSCは2年生主体で迎え打ちます。
2年生は、鈴木コーチからポジショニングを口やかましく言われ(笑)、その甲斐があってか、終わる頃には徐々に板に付いてきました。
そして、トモキはスライディングでシュートを防ぎ、オウシロウは素早くパスを展開、エイタはサイドのスペースで待ち伏せしチャンスを演出。アツシは厳しくボールを狙い、リオンはドリブルでリズムを作る。

そして、シュウ、トモヤ、ケイスケも途中からチームに合流して、「これでいけるゾー!」と子供たちが元気になります

結果はともかく、ワイワイと15分5本を楽しみ試合終了。解散前に「今日楽しかった人 手を上げて~」と言うと、みんなが元気よく手を上げてくれました。
末筆ながら、万全な準備を進めてくれた育成会の皆様と、怪我なく日頃から練習を見てくださるコーチの皆様に、御礼申し上げます。
[了]

 

3年 ワンパク大会

 投稿者:鈴木  投稿日:2016年 9月16日(金)12時30分53秒
返信・引用
  先週に続いて雨の予報を打ち砕いてカンカン照りの中、東村山最強決定戦(わんぱく大会)に挑んできました。雨の準備として持ち込んだテントは、見事に日除けに変わり、五十嵐コーチからの差し入れのバナナをほおばりながら、選手たちも気合十分です!

・参加者
岩ユウ,塩ユウ,リュウト,タツキ,ナツキ,シュウ,トモヤ,ケイスケ,トウゴ,ワク,ダイゴ

・試合結果
1回戦 KSC 3:1 久米川小FC
準決勝 KSC 1:2 野火止FC
→第3位!おめでとう!!

・概況
予選リーグを1位通過したKSC三年生に、背番号10(コウキ)からの激励メールで勇気づけられた子供たち。今日も10番が不在の中、元気いっぱい試合に挑みます。

初戦の相手は久米川小。過去の戦績でも相性が良く勝ち越している対戦相手に気持ちの余裕もあったのか、KSCが主導権を握って試合を展開し、前半で3:0の差をつけて、試合を折り返します。(KSCすごーい!!(^^)v)
後半はキーパーのトモヤを中心に相手の猛攻に耐える展開となりました。相手チームのロングボール、サイドからの切り崩しに神経を使い、FWナツキは堪らず自陣深くまで戻り守備を固めます。攻撃陣は、孤立するタツキにダイゴとリュウトがサポートに行くもなかなか追加点を奪えず苦しい展開。化成ベンチメンバー全員が出場して全員で耐え忍び、何とか1失点に抑え、準決勝へ進出を決めました!!

準決勝の相手は野火止。相手のベンチには6人の控え選手。こちらは3人。スタミナ十分な相手に苦しい試合展開となりました。
スタミナだけでなく、きちんとボールを止めてパスをくり出し、鋭くドリブルで前へ進んでくる野火止。相手の出鼻を挫こうと岩ユウが中盤で奮戦。トウゴが相手を追回しミスを誘い、そこにトモヤが下がってきて助太刀すると、ワックンと塩ユウが相手をブロックして、ピンチを切り抜けていきますが、小さいGKシュウを見たからなのか、遠くからのシュートを積極的に放つ野火止。その内の一本が、ポーンっと山なりに上がり、ゴールポストぎりぎりのコースを飛んで、防ぎきれない不運の一点を献上。先取点を許してしまいました。

後半に入っても野火止にペースを握られます。前半から引き続いて2バック+2ボランチの様相で、何とか4人で守りを固めざるを得ないKSC。攻めては、二人のDFから密着マークに合うタツキですが、一瞬のすきを付いて裏へ抜け出しキーパーと1対1の状況も作り出しますが、惜しくも得点には至らず天を仰ぐタツキ(今大会通算7得点で、KSCの優秀選手賞を受賞!)。同点にすれば、得意のPK戦に持ち込めるので、何とか野火止ゴールをこじ開けようと、孤軍奮闘するタツキに視線が集まる中、トモヤからのパスに左サイドのケイスケが鋭く抜け出します。ケイスケらしく、相手DFとGKの動きを見ながら、やさしくゴール左上へシュートを蹴りこみ、念願の同点弾!! そして、何とかこのまま試合終了へ持ち込みたかったKSCでしたが、試合終盤に差し掛かったあたりで、またも強烈なミドルシュートを受け、GKシュウがうまくシュートに反応し手に当てるも、試合前に負傷した右手首の影響もあってか、ゴールの外へ跳ね返すことができず、無情にも追加点を許し、1:2で試合終了。三位決定戦は無いので、この時点で三位が決まりましたが、小柄なメンバーが多いKSCが 大きな相手を良く苦しめてくれました!!

決勝戦の結果は 野火止 2 : 1 REGALO。
2年生の時の大会では優勝したワラゴマに3:4で敗れ、今年も優勝チームに1点差。大人がハラハラドキドキする見応えある好試合を見せてくれる子供たち。大人の私たちがするべき事はは「子供達が楽しめるサッカーを」。宮奈先生の御言葉をお借りすれば「ストレスフリー」。自戒の意味も込めて再認識した大会となりました。
 

9/3 3年練習試合@化成小

 投稿者:鈴木  投稿日:2016年 9月 9日(金)10時26分25秒
返信・引用
  「昼過ぎから雨」の予報で過ごしやすい天候に恵まれ、「試合中の給水タイムは無しで行きましょう!」と事前打ち合わせをしたものの、昼ころからカンカン照りとなってしまいました。雨はどこへ行ってしまったのか~

さて、今日は市内のチームと練習試合。ちびっこリーグの隣にもう一面のグランド準備が必要でしたが、朝早くから2面のグラウンド設営と運営サポートいただき、コーチの皆様 本当にありがとうございました。日差しが強まる中、大勢の応援と育成会の準備に感謝しつつ、多くの試合を経験することができました。

さて、試合結果は...
KSC 7 対 0 メスターノ
KSC 2 対 2 サンデー
KSC 4 対 0 メスターノ
KSC 4 対 0 サンデー
KSC 4 対 0 メスターノ
KSC 2 対 0 サンデー

この日の参加者は、ダイゴ,トウゴ,ワク,ケイスケ,岩ユウ,タツキ,キヨラ,トモヤ,シュウ、そしてリュウトが途中から駆け付けてくれて合計10人。みんな休む間もなく、試合にほぼ出ずっぱりで、いつもと違うポジションもみんなたくさん経験しました。キーパーに挑戦したトウゴは、直前に練習したパントキック(手に持ったボールを蹴る)を披露し、見事に味方へパス成功!
また、トップ下に入ったワクが初得点! シュウが相手の裏へ抜け出しドリブルで運ぶと、DFとGKを引き付けて、ゴール前で待つワックンへ、無人のゴールへ優しく流し込んでワックンの初ゴール! そして、この日から「ガンちゃん」と呼ばれるようになった岩ユウは、相手との接触で膝を痛めて一時退場するが、その間は、キヨラちゃんが「エ~!、私でるの!?」とブツブツ言いながらも意外とスムーズにピッチへ入って(笑)、ガンちゃんの代わりに一生懸命頑張ってくれました(^^)

今週末には東村山ワンパク大会(決勝トーナメント)がありますが、それに向けて良い弾みをつけられたと思います。また良い試合ができるように、みんなで頑張りましょう!
 

■小学生サッカー合宿大会のご案内■

 投稿者:エクセルトラベル  投稿日:2016年 5月18日(水)09時09分28秒
返信・引用
  ホームページを拝見し連絡しました。サッカー大会・合宿を専門に扱う「エクセルトラベル」と申します。
小学生サッカー大会・参加チーム募集しています!

第9回尾瀬武尊少年サッカーフェスティバル(U-12 U-10)
2016年8月6日(土)~8月8日(月) 2泊3日
参加費:17,280円 エントリー費:10,000円

第8回尾瀬武尊ジュニアサッカー交流戦(U-12 U-10)
2016年8月19日(金)~8月21日(日) 2泊3日  1泊2日参加もOK
参加費: 2泊3日 16,500円 エントリー費:10,000円
      1泊2日 8,900円  エントリー費:10,000円

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
都心から約2時間30分、標高1,000m群馬県・尾瀬武尊高原 人工芝グラウンドでの開催。
3日間 最低6試合、フレンドリーマッチなど含め10試合以上もするチームもいます!!
多くの試合をしたいチームにおすすめ!!皆様のご参加をお待ちしております。
その他、サッカー合宿もご希望の日程・地域にてお探し致します


エクセルトラベル  サッカーナビ事務局
TEL:03-6205-5905   info@excel-travel.net
ホームページ「合宿ガイド」にて検索
 

U12 第6節 化成小SC2日目

 投稿者:白石  投稿日:2016年 5月 6日(金)16時15分47秒
返信・引用
  5月1日、初夏のようなお天気となってしまいました小川西グランド。化成小SC⑥はU12リーグ戦。化成小SCにとっては2日目。前節の開幕戦2試合共引き分けで堂々の勝ち点2.今日も期待度高めでしたねぇ…。この日1試合目はFC VIGORE。(読めます?ビゴーレと読むそうですvigoreとはイタリア語で『力』を意味するらしい…、まあいいか)緊張からかキックオフ後2~3分?でサカモっちゃんとソウセイの仲の悪さ(うそうそ)連係ミスからペナルティーエリア(以後PA)付近でパスカットされそのままシュートをされあっけなく失点。私は作戦板にマグネットを配置していた間だったので見てもいません。いきなり重苦しいムード満載の化成サイド…。やんややんやのVIGOREサイド!!クリティカルフェイズ(前後半開始5分終了5分や得点直後の時間帯)と呼ばれる時間帯での失点は避けたいところでしたねえ。まあ、切り替えていくしかないんだぁ…と自分にも選手にも呼びかけてリスタート。ここでここんところ好調な化成小SC。相手の『得点後』に付け込めたのです。自陣PA前で相手ボールを奪うと素早くヨッチがウラを取っていたヒトミにパス。良いタッチのトラップからドリブル。相手DFが追って来てはいたんですけど、冷静になることができたねぇ~。VIGOREゴールに転がします。動転じゃなく同点にしたのです。重苦しいムードも吹き飛んじゃいました。練習したセットプレーでも惜しいチャンスが生まれてたしね。ここんところの好調さを物語る粘り強い化成の守備もあってピンチも凌ぎ前半終了。ベンチに帰り水分を取る選手たち。サブメンバーと一緒に視線は真っ直ぐにコーチと作戦板を見つめてて、アドバイスに頷きながら明るい顔して後半を迎えてました。再びクリティカルフェイズ…。VIGOREのミドルシュートが決まってしまいます。この部分は今後も課題!!!また切り替えてと呼びかけていくしか無いっすよね。そうなんですけど化成小SC、最近組織的になってきている守備を続けていくと、相手選手からのラフなプレー。ファールの判定が下されると思ってたんですけど化成小SC側が痛んでいる選手もいたんですけど、VIGORE側もそうだと思えたのかプレーが止まりそうになったんですけどプレー続行。そこでサカモっちゃん、嫌な雰囲気を断ち切るかごとく相手ボールをキャッチ。素早くパントキック。ハーフウェイライン付近に高く上がったボールはワンバンドして相手選手の頭上を越えていくんですね。そこに走り込んでナイスコントロールしちゃう選手がいたんですね。ヨッチです。そこからドリブル突破!相手選手にチャージされるも振り払い、GKの位置を見て、ファーサイドに流し込む。速攻が見事に決まっちゃいますぅ…同店!じゃなく同点だー!!強いチームの様です。これで攻撃も活気が出ちゃいました。6年生のやり方にちょっぴり戸惑いながらもしっかり合わせてくれたジュマが、前半のミスにも引きずらずソウセイが、カンナにパスをしてサックがもらい、ヨッチとコンビプレー、ヒトミに預けてノジを裏に走らせる。そんないい形になっていったんです。それとサックの能力が存分に発揮できているなあって思ってました。攻撃参加のタイミングがいいし、守備も相当走ってくれる。ヨッチと中盤は支配できている時間も多かったです。VIGORE、同点に追いつかれても焦らず繋いでいこうという試合運び。しっかりしてます。でもディフェンス同士のパス交換、サイドにボールが出たのを受けた選手がトラップミス?そこを見逃さない化成小SCNo10!かっさらってドリブルシュート!!逆転しちゃうんですよぉ~!スッバらしいです。3:2。そして乗っているときすっげぇのが出ますね。右サイドでパスを受けたノジがライン際から中へドリブル突破、PAに持ち込んで、シュート!!強烈でしたよぉ~逆サイドネットですから!オッたまげました。これで4:2です。この後終了までが長いこと長いこと。終了の笛。初勝利が来てくれました。長い休憩時間のあと2試合目レインボーズ。両チームとも2試合目。後半は今日のもう一つ」敵「暑さ」が立ちはだかってきてましたから、カンナが持つかどうか心配しました。何せ前方での守備は彼女に頑張ってもらうしかないところがありますからね。残り10分くらいはみ~んな足が止まってきちゃいましたが。『苦しいときはあたしの背中を見て!!』とキャプテンが言ったのかな(笑) 頑張り抜いてくれました。それでもやはりカンナも人の子。カンナはコウスケと交代。コウスケ、試合をそのまま終わらせてくれました。カンナの代りを一生懸命やってくれましたねぇ。終了のホイッスルが鳴ったとき、化成小SC保護者席から歓声と共に大きな拍手がわきました。嬉しかったですねぇ…。0:0価値ある引き分けっす!この日2試合、1勝1分け。2日間トータル4試合で勝ち点6堂々たるもんです。ウォーミングアップ、応援、ベンチでの仕事と頑張ってくれたヒュウガ、ショウちゃん、コウちゃんほんとにお疲れ様。そしてどうもありがとう。当番さん、感謝です。コーチの皆様もお疲れ様でした。そんでもって最後に… キャプテン、初勝利おめでとさん!  

③練習試合

 投稿者:鈴木  投稿日:2016年 4月26日(火)07時21分9秒
返信・引用
  3年生に風邪が流行中で、2年トモキの助っ人込みで、8人ギリギリの参加でした。
緑に囲まれ清々しい風が通るグラウンドで4試合をこなしてきました。

・参加者
3年ミミ,塩ユウ,リュウト,ナツキ,シュウ,ケイスケ,わっくん
2年トモキ

・試合結果
KSC1-0宇津木
KSC0-5宇津木
KSC0-1宇津木4年
緑チーム1-1橙チーム

第一試合の前半早々、シュウがボールをキープしパスコースを探すと、相手のマークを外したナツキへ。ナツキからゴール前に待つケイスケへクロスを通すと、ケイスケが左足を振りぬき、KSCの攻撃を印象づける。
その後も塩ユウがボールカットするとドリブルで持ち上がり、リュウトが中盤でパスを繋ぐ。
ワックンもボール奪取から前線へ攻撃の糸口を探ると、1-0で勝利をもぎ取る!!
「幸先がイイね~」(^^)v

交代要員が居ないKSC。第2試合以降は体力の限界を迎え、試合のちょっとした合間にピッチ内でしゃがみ込んで休息する選手もチラホラ。
トモキが相手シュートをスライディングで掻き出そうとするも間一髪で間に合わず、また、ミミも腹痛をおしての試合出場するも、失点を重ねてしまう。。。
これは体力的に限界ですかね~、と帯同して下さった今井コーチと目を合せる。

第3試合は上級生相手の試合。「絶対負けるに決まってる」「ほんと嫌だ」と やる気ゼロの子供達。
そこへ宇津木SCのコーチが近づいてきて、「勝ったら100万円あげるって鈴木コーチが言ってたよ~」と言葉をかけてくださると、「マジで!?」「ねー、ねー、全員に?それとも一人だけ?」「マジで!? 100万円ずつくれるの~!!」と宇津木SCコーチの適当発言(笑)で 別チームのような動きを見せ、上級生相手に1失点で守り抜いたKSC。
「金は力なり(笑)」を目の当たりにさせてもらいました

最後の試合は両チーム入り乱れての交流試合。各チーム半分ずつにビブスでチームを分けて9人対9人で試合。みんなで楽しく一日を終える事ができました。
 

2年 練習試合@上新井小

 投稿者:鈴木  投稿日:2016年 3月29日(火)16時55分7秒
返信・引用
  先週までの寒さがどこかへ吹き飛んでしまったかのような陽気で、所沢の上新井小に練習試合へ出かけました。今日は、2年生最後の対外試合、そして、転校してしまうコウキのラストマッチ
_| ̄|○

試合結果は、
vsアブローラ 0-2
vs上新井 0-2
vs瑞穂三 4-0
vs瑞穂三 0-1

2年生から、塩ユウ、キヨラ、タツキ、ナツキ、シュウ、コウキ、トモヤ、ケイスケ
1年生から、リオン、アツシ、オウシロウが参加です。

今日は8人制の試合で、ピッチの大きさは、6人制の3倍くらいあるでしょうか。2年生は徐々に慣れてきた広さですが、1年生には手を持て余す広さです(^^;)。が、子供達は思い思いにプレーを楽しんでくれた様子でした。

1試合目、2試合目はゴールを決めきれず無得点でしたが、タツキが判断良くコーナーキックから素早くリスタート、相手が不意を突かれた間にトモヤが綺麗なクロスを上げる等、惜しくもゴールなりませんでしたが、KSCは何度もチャンスを作りました。
守っては、ゴール前に迫る相手選手に対し、身を挺して飛び込むキーパーのシュウ、相手のスピードある攻撃に喰らい付く塩ユウ、自分のマークする相手を意識した位置取りをするナツキ、試合出場を果たしたキヨラ。
中盤の攻防では、リオンは相手のドリブルを予測してコースを切り、オウシロウはボールをコントロールしてパスを試みる等、1年生の奮戦も見られ、チームを元気付けてくれました。

が、今日の見どころは、何と言っても、ラストマッチになるコウキ。3試合目に“爆発”しました。
(^з^)-☆

■第二部 「コウキ劇場」
3試合目の瑞穂三との試合、まずは、ペナルティーエリア外から、ケイスケが得意のボレーシュートが炸裂。この日は無得点で苦しんできた攻撃陣が、この1点で火をつけました。

2点目には、アツシが相手ゴール付近、右サイドで上級生相手に奮戦。ボールを奪い返すと、ゴール前へ折り返す。それをケイスケが一度受けてからコウキへ。得意の緩急をつけたドリブル突破からゴールに迫ると、キーパーの動きをよく見て追加点を奪取!最後の試合でゴールを挙げてくれたコウキ!! なんとドラマティックでしょうっ!!!

実は、この日はこれでは終わりません。このゴールから「コウキ劇場」の始まりです。
その直後の事でした。相手ゴール付近で、相手守備陣がもたつく間に、コウキが鋭く寄せていきます。すると、相手ボールを奪ってドリブルで右サイドへ流れていき、得意の高速ドリブルで難なく最終ラインを突破すると、ゴール左隅へ流し込んで追加点!!
おっしゃ~っ! v(^o^)v

更に続きます。
サッカーでは、同じ選手が3ゴールを挙げる事を「ハットトリック」と呼びます。ラストマッチにふさわしく「個」のチカラでそのチャンスを作ります。
相手陣内でボールを奪うKSC。右サイドで待つコウキに渡すと、惜しげもせず、伝家の宝刀「高速ドリブル」を振りぬき、敵陣右サイドをえぐっていきます。緩急をつけたドリブルに相手選手は対応できず、最終ラインを突破すると、ゴール右下へ鋭くシュートを放つ! ベンチからはゴールに見えて「おっしゃ~ぃ!!」と鈴木コーチが雄叫びと共に立ち上がりましたが、僅かにゴールの外側、サイドネットでした。
惜しくもハットトリックは成りませんでしたが、彼のプレーを惜しげもなく堪能させてもらえた試合となりました。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

■第三部 年間MVP
試合の後には、年間最優秀選手賞の授与式。
受賞者はコウキ。
チームの勝利を信じて、夏の暑い時期でも、誰よりも走ってくれました。走行距離は、間違いなくダントツNo.1です。チャンスにはゴール前まで、そして、ピンチの時には自陣まで戻って相手の攻撃を懸命に防ぐ。攻撃時も守備時も、相手選手との1対1の勝率は素晴らしかったです。彼の攻撃から得点を奪い、彼のボール奪取でピンチの芽を未然に防ぐ。これがKSCの必勝パターンでした。
新しい学校でも、その素晴らしいプレーに磨きをかけて、がんばってください。そして、KSCでも見せてくれたような、下級生の手本となる良いプレーを続けて欲しいと願い、年間最優秀選手賞を授与することとしました。

[了]
 

5年生交流試合 青梅7小グランド

 投稿者:白石  投稿日:2016年 3月29日(火)16時52分16秒
返信・引用
  送別杯、送別会、打ち上げと充実した3・26を過ごした翌3・27、青梅7小で5年生の交流試合に行ってきました。
西川材の本場、青梅・飯能地域…見渡せば杉の木、杉の木、杉の木…言わずと知れた(?)猛烈花粉地域です。泣きながら(笑)の一日でした。
試合は15分ハーフの4試合。助っ人にオガちゃん、キョウゴが来てくれました。

1試合目VS小金井緑。12月の緑招待では「負け」でしたねえ。同チームとの再戦ですから化成小SCの成長がダイレクトにわかるはず。どうなるか楽しみでした。
オガちゃんとサックのディフェンスだったんですが、最初から新しい戦術を課しました。
GKのサカモッちゃんと三人でゴールキックリスタートでマイボールの確率を上げようとしたのです。
初めはコーチからの声がかかったのですけど、2度目からは三人でスムーズにできていました。
理解力が高いじゃん!と感心感心!!「どんなの?」と思う方は次週の試合を観に来てくださいな。
試合は守備時のポジショニングが随分と改善され0:1の惜敗。

2試合目は国分寺2小FC。相手No5の素晴らしいフリーランニングに手を焼くも0:0で前半終了。よっちとカンナも難しい中盤守備で奮闘!!4試合で一番マークしづらかったと思います。最後は終了5秒前、No10のスピードにのられたドリブルに中央をぶち抜かれ0:1。敗戦ですがこの試合も各自が自分の役割を皆がこなし、良い試合となったのでした。

3試合目、VS河辺SK戦はキョウゴが先発!相手チームDF三人を一人で追いまわし、プレッシャーをかけまくるのです。これによってサイドのノジ、ヒトミがボール奪取に幾度となく成功するんです。
キョウゴのアグレッシブな守備でリズムは完全に化成SC。
ノジのサイド突破からクロスがキョウゴに通り、ゴール!!きょうの初ゴール。
続きますよぉ。
カンナへのスローインをヒトミがリターンして受け、ノジへクロス。ノジは落ち着いてシュート!2点目。
3点目はCKからのこぼれをオガちゃんが豪快!ペナルティーエリア外からミドルシュートを鮮やかに決めます。『こぼれてきたら打っていいんだよ』という後藤コーチの予言?アドバイスが神懸かってました。
後藤コーチの「ノジ、ヒトミからのアーリークロスを感じよう!!」というようなサイド攻撃の進化を促すアドバイスもあって、その後も攻勢が続きました。
コーナーキックではショートコーナーも試すことができたのは大きな収穫。そして、ノジがこの試合2点目。1点を返されるも、堂々4:1の勝利でした。

そして4試合目もう一回、VS小金井緑。キョウゴの動きを見て、試合で何をすればいいかどうやればいいのかのイメージができたのか、ヒュウガががんばりまくります。
化成SCは両サイドからの攻撃が強いのですが、そればかりだと相手チームに読まれやすくなります。
サッカーの攻めの王道、中央からの攻撃も必要だということを皆が理解し、ヒュウガに縦パス、いわゆるクサビのパスを入るようになります。その「落とし」や「こぼれ」をカンナとよっちが拾うという攻めが出てきました。それは畑中コーチが言う「失敗してもいいんだから、思い切ってやろう」という5学年のモットーにもつながってるようでした。サイド攻撃と中央突破。サッカーしてました。
4試合目ですからね、疲れが見えるも皆、守備では手を抜きません、抜けません^_^;…。
守備の頑張りからか、よっちが競り合いに勝ち、ボールはノジへ…。ドリブルぅ、一呼吸ためぇ、GKとの1対1ぃ、を冷静に決めて先制1:0!これは素晴らしかった。
後半は防戦に回る時間も多くありました。「やられた…」という相手の見事なシュートも、サカモッちゃんのスーパーセーブ(マジ凄かった)に助けられ、そのまま試合終了。1:0の勝利でした。いい勝ち方、いい試合でした。よくやりましたよぉ!!

来週から(もう来週です)、U12が始まります。素晴らしい準備ができたと思いました。インフルエンザ、風邪などひかないように。つまらないケガをしないように十分気を付けさせてくださいませ。来週ですから。
みんなで「4・2(土)」を楽しみにしてましょうよ。この子たちの檜舞台「本番」が始まるのですね。全力でサポートしたいと思いました。
お当番、育成会の皆さま、ご協力ありがとうございました。お疲れ様でした。
 

③KSC杯

 投稿者:鈴木  投稿日:2016年 3月 2日(水)18時50分0秒
返信・引用
  待ちに待ったKSC杯3年生大会。3年生の試合は3ヵ月ぶりです。
コーチの皆さま、育成会の皆さま、大会運営ありがとうございました。
皆さまの御支援のもと、無事に大会を終える事ができました。

参加者は...
オガちゃん、ケイタ、シモちゃん、トモヒサ、ゲンタ、ササ、工藤、ヒマリ
タツキ、コウキ、トモヤ

試合の内容は、と言いますと...
守備陣は不動のDF陣、T.K.O.トリオ(トモヒサ、ケイタ、オガちゃん)が活躍。
「やられたっ!」と思った相手のドリブル突破にも身を挺してセーブするキーパーのトモヒサ。キーパーの前には、相手攻撃の芽を摘む、オガちゃんとケイタ。味方のピンチには、オガちゃんが最前線へ、そして、その背後のスペースをケイタが絶妙の距離間で埋める。失点を最小限に防いでくれました。
また、ササとコウキは豊富な運動量で、攻撃から守備に切り替わる時は、長い距離を走って、DF陣のプレーを助けていました。ナイスプレー(^^)v

そして、守備陣の活躍に、攻撃陣も負けてはいない。
トモヤから相手の裏を付くパス。そして、鋭く抜け出すタツキ、ゴール前でシュートチャンスを伺うシモちゃん、ボールを失いそうになっても相手との間合いをスッと詰めてくれる工藤くん、中盤の密集地帯でボールを繋ぐゲンタ、逆サイドでパスコースを作るヒマリ。
コウキからのクロスにトモヤがヘディングで合せる等で、得点差を埋めましたが、惜しくも勝利を得られませんでした。

試合結果は...
・予選
vs上新井 0-3
vs青梅2 3-4
・順位戦(3位パート)
vs昭島スカイイレブン 0-1

朝はグラウンドがぬかるみ、プレーし辛い時間帯がありましたが、昼前には平常通りに。砂まき等の手入れをして頂けているお気遣いに感謝しつつ、勝利で報いることができずに残念でしたが、子供たちの真剣な眼差しに元気を分けてもらった週末となりました。
 

④高階招待わんぱく大会

 投稿者:鈴木  投稿日:2016年 2月25日(木)13時06分48秒
返信・引用
  前日は酷い雨でしたが、朝には雨は上がり、サッカー日和になることを期待して、皆んなで学童門に集合して、川越の入間川沿いにあるグラウンドまで、クルマで移動しました。
赴任先から一時帰京してくださったトモヒサ父が地理に詳しく、皆んなを先導してくれました。
(ありがとうございました~!)

さて、グラウンドにつくと、所々に大きな水溜りが…。
河川敷のピッチの為、地面は粘度質で、水はけが悪く、昨日の雨が抜けなかったようです。
高階FCさんの懸命な整備でしたが、試合開始時間になっても まだラインを引ける状態ではなく、1時間押しでの試合開始となりました。(高階FCさんありがとうございました!)

・参加者
2年 タツキ、シュウ、コウキ、トモヤ
3年 オガちゃん、トモヒサ、ゲンタ、ササ
4年 コウスケ、カイキ、ヨシト、ショウゴ、ハル

・結果
vs青梅4SC 0-1

・概況
風が強く吹き、いつもと違う11人制で、負ければ即敗退のトーナメント方式。3年と2年から助っ人を借りて、3学年が入り乱れてのメンバー構成で挑みました。
幸か不幸か、ピッチはぬかるみ、スピードあるパス回しやドリブルには難がある状態でのキックオフとなりました。

前半は風下だった影響で、一方的に攻め込まれ、苦しい展開。
左サイドのショウゴは相手攻撃にスムーズに適応し、早め早めに相手のボールを奪っていきます。右サイドのヨシトは正確なボールコントロールで味方へ丁寧にパスをつなぐ。相手のシュートチャンスには、キーパーのトモヒサが身を挺したシュートブロックで、失点を最小限に抑えた。唯一の失点シーンも、味方選手でボールが見えずに、大きくバウンドしたボールがそのまま無情にもゴールへ。防ぎ難い失点でした。
向かい風の吹く中、攻撃は非常に難しく、少ないチャンスも押し返されてしまう。カイキの突破もいつものスピードが出ないで苦しみ、ササちゃんとハルがサポートに寄せていくが、効果的な攻撃が中々できずに、疲労感だけが蓄積されていくような苦しい時間帯が続きました。皆んな良く耐え忍んだね~

後半は、風上に立ったKSC。
ピッチのぬかるみで、ゴロのパスは繋がりにくく、動き出しの1歩目が滑るので、脚力のあるゲンタのドリブルはスピードが生まれにくく苦しんでいましたが、徐々にチャンスが生まれていきます。攻撃の糸口は、トモヤのフワッと浮かしたパスからタツキの足元へ繋がるホットライン。そこにコウスケが絡んで、何度もディフェンスラインの突破を試みるが、足が取られいつものプレーをさせてもらえない。
風上に立って優位にたったKSCは、両サイドバックの3年生が、適宜前へ出る。その度にオガちゃんはシュウの位置取りを指示し、守備のバランスを整え、相手攻撃に備えるも、善戦しながらも1点に泣き、1回戦敗退となりました。

試合後は、今や文化的遺産となった ぼっとん便所 にキャーキャーと歓喜?に湧く子供達。
滑った拍子に相手とぶつかったり、シューズの紐が泥色に染まって、ご家庭での洗濯も大変だった事でしょうが、プロと同じ11人制を経験できて、楽しい経験となった事と思います。
寒い中、皆様お疲れ様でした。
 

2年KSCカップ@化成小

 投稿者:鈴木  投稿日:2016年 2月22日(月)10時12分47秒
返信・引用
  コーチ、育成会の皆さまのご協力のもと、本日KSCカップ2年生大会を開催する事ができました。会場設営、大会本部運営およびお心遣いを戴き、ありがとうございました。
途中から雨が激しくふり、寒さに凍える子供達でしたが、最後まで戦い抜き、男らしさと女の意地を垣間見ることができ、彼らの成長に喜びを感じた1日となりました。

・参加者
《化成レッド》
今井 岩崎 岩田 白石 浜崎
遠藤 小野 皆瀬

《化成ホワイト》
斉藤 塩川 鈴木 塘田 長田 昼間
酒井 廣瀬

・チームMVPは、化成レッドは、岩田。
ゴール前のディフェンスは、1年生とタッグを組んで、危なげなく、ばっちり岩ユウが封じてくれました。
大きく蹴り出す、体を入れて相手の進路を塞ぐ、ドリブルしてボールを繋ぐ、体を張って攻撃を潰す。ナイスプレー!!!
相手と競り合った勢いで地面に倒れ、腕を痛め、また、膝を大きく擦りむき、試合が一時中断する場面があり、ベンチ一同で心配しましたが、痛みに表情をゆがめながらも、試合に出続け、チームの勝利を目指し続け、あのファイティングスピリッツはとても素晴らしかったですね!

・そして、化成ホワイトのMVPは、鈴木。
降りしきる雨の中、全試合のゴールマウスを守りぬきました。相手の鋭いシュートに反応して、両手で大きくはじき出す。定石通りにゴールから遠くへ、コーナーキックの方向へはじき出す技術は、低学年の中ではダントツ!シュウのファインセーブでチームに元気を与え、勇気づけ、チームを最後尾から鼓舞し続けてくれました!そして、相手の至近距離からのシュートにも一切逃げず、顔面にバチ~ンとシュートを受けても、痛みをこらえてピッチに立ち続ける姿勢は、みんなの寒さを吹き飛ばしてくれました!

・どちらのチームも上位4位までには入れませんでしたが、2年生チームを相手に善戦しました。参加した1年生も、要所要所で私たちを唸らせるプレーを見せてくれて、春から始まる2年生ちびっ子リーグでの活躍が楽しみです
♪───O(≧∇≦)O────♪
 

5年生2days その弐

 投稿者:白石  投稿日:2016年 1月13日(水)11時46分46秒
返信・引用
  26日の続き…
化成SCの選手たち、ヤル気MAXの時間が多く、ニンマリしてしまいました。リクの足技テクニックの上達を目撃してしまい(笑)、そしてコウキの声掛けもポジティブな事が多いし、ボールに対しての執着心というか粘りというか対人プレーが走力アップに支えられ、向上してる…。嬉しかったなぁ~

27日は『寒ぶ…』一言で表せる天候でした。けれど、化成SCは暑かった!…いや熱かった??一試合目、今大会、優勝候補の滝山FC。この日も『ヨッチ、助けて!』『カンナ助けて??』の昨日の合言葉を飛び交わさせ、そして『ソウセイ、ドンと行け!』の新しいフレーズ…
『ドンと行け』は足だけしゃなく相手が嫌がる距離まで寄りきって、ボディで止める、奪うというイメージなんですけど。その『ドンと行け』を全員が試みる事で相手の攻撃に対しようとしたんです。「1発で行く!」とは違いますよぉ~。センターバックのソウセイとカイキが『ドン!』と行きます。ソウセイ、カイキ、ディフェンダーでしたぁ…。いくつもの局面で何回も『ドン!』を繰り返します。粘っこく…。これぞ守備??伝わってきました。彼等の気合がね!
次の試合は最終的に優勝の赤羽のチーム(名前がカタカナで覚えられなかった(泣))でしたが、同じように気持ちで臨み、内容はむしろ「さっきより良かったな」という評価です。ヒトミのハーフウェイライン付近で3人をかわしたときには相手監督から「まじかよー」ってつぶやきも聞こえるなど惜しい事もあったし、サカモッチャンの好セーブ連発にも助けられ(モッタイナイ??惜しい!場面もあったんですけどね)。スコアは1,2試合とも4点差がついちゃいましたけど、頑張ったので疲れてるんですけど、ここからが今回の5年2daysの一番素晴らしいところ。3試合目ホーム緑小(完全Away…(ーー;) )とはヒュウガが縦パスを受ける事を理解したのか、カンナに落としのパスが通りそうだったし、ヨッチの攻撃参加もあったんでけど無得点。しかし、1,2試合目同様守備の意識高く0:2としました。そして最終戦(やはりAway…f^_^;) )武蔵大和ユナイテッドとは何と前半0:0、後半0:1トータル0:1でしたから。4試合目、脚は疲れ動かないし、相手の当たりが強くて痛いし…。けど頑張りましたよぉ。ヒュウガとコウキが相手ボールを一生懸命追いかけまくり、追いかけた次の場面で化成SCがボールを奪う。ショウちゃん、自分のやる事を理解することで持てる力を十分に発揮できたと思いました。この日、全試合フル出場でした。やり抜きましたから。畑中コーチの『最後まであきらめない』という化成SC5年生のチームカラーが出まくってたように思いました。
この日の試合は観た人『得した』
と思います。だから、観なかった人『モッタイナイ!』かなあ~。
年内はココまで。年が開けると新人戦が待ってます。楽しみになってきました。

ps:26日のお弁当は◯◯◯イレブンチルド生姜焼き弁当(50円引き)、27日も同社チルドおろしハンバーグ弁当(50円引き)。栄養満点、熱量満点(笑)で、美味しくいただきましたm(__)m
 

5年生2days??

 投稿者:白石  投稿日:2016年 1月13日(水)11時45分42秒
返信・引用
  小春日和と木枯らし…。月とスッポンのような両日、26日は5・4年生は青葉さんと練習試合、27日は5年と助っ人のカイキで小金井緑招待大会に行ってきました。
26日は20分1本勝負を5年→4年→5年→4年のプログラム?2という日程でした。GKサカモッチャン、DFソウセイ、そしてカイキ!MFにヨッチをサイドにノジ、ヒトミ。FWにサック!トップ下にカンナのスタートの布陣です。今回、守備面のポジショニング、攻撃での連携と精度を課題に設定しての練習試合でした。どの選手も集中力高く試合に入る事ができて、化成SCペースで時間が過ぎて行きました。守備でも攻撃でも『ヨッチ、助けて!』が合言葉です。『カンナ助けてぇー!』も…(笑)ヨッチとカンナがボールの周りにいつも居ました。ノジのウラを取ってのスペースにドリブルしていく攻めが絶好調!(結果5ゴール5アシストかな?)そして味方のシュートが跳ね返った所に、『其処にいたサック…』が詰めて得点を重ねます。化成SC5年は全試合で得点をあげ、今日のテーマの達成感を皆で味わえたようでした。暖かい冬の日差しに『頑張ったね~!』と褒められているような気がしました(^^) つづく(笑)
 

②チャイルドカップ 決勝トーナメント

 投稿者:岩崎  投稿日:2015年12月 7日(月)09時32分25秒
返信・引用
  11/29(日)、予選リーグを1位突破し、チャイルドカップの決勝トーナメントに挑んできました。

参加者は、イワタ、ケイスケ、シオカワ、リュウト、タツキ、トモヤ、シュウ、コウキの8人。8人制で、交代選手のいない中でしたが、1人1人が持ち味を出して頑張りました。

惜しくもメダルには届きませんでしたが、出来たこと出来なかったことが見え、とてもいい経験になりました。負けて得るものは大きいです!

『これ何かわかります?伸びしろですね!』
( 本田圭佑...じゅんいちダビッドソン談

---------------------------------
〈試合結果〉
?トーナメント1回戦
vs FC Waragoma 3-4 (初戦敗退)
?フレンドリー
vs サンデーSC 12-4
---------------------------------

守備面では、GKシュウは相変わらず果敢にボールを弾いていました。安心感があります。失点もゴールキーパーの前で防げたのものが多いので悔やまれます。イワタユウマのボールへ寄せる意識はとても良いです。以前よりも寄せるスピード、圧が上がっています。シオカワユウマも、ボールに寄せるイワタユウマのフォローに入る動きを理解しようと頑張っていました。

攻撃面は形が作れ良かったです。
化成SCの得点はサイドからパスが繋がったもの。
トモヤ→コウキ、ケイスケ→タツキ、コウキ→タツキで得点を。また、中央でもトモヤ→リュウト→タツキと相手が密集した中で繋がるシーンもあり形は作れていました。
みんなでボールを運ぶ、繋ぐプレーが出来てきています。リュウトが前に繋げる意思のあるプレーが出てきたのはとても嬉しかったです。

一方で、『取られたら取り返す』できていましたが、寄せ方が甘く、足先だけでかわされてボールを運ばれる、寄せきれずシュートを打たれるシーンがありました。
みんな、ボールを取りに行く意識はあるので、次のステップはボールへの寄せ方ですかね。試合前のアップでやった鬼ごっこ続けたいですね!

また、前線からボールを取りにくる相手の前プレに手を焼いていましたね。
フレンドリーの結果からも分かりますが、プレスの圧が弱い中だと、面白いサッカーしてます。
相手の圧が強い中で、どうボールを保持するか考えていきたいですね。

ってわけで、コーチ陣!宿題いっぱいですよ笑

今大会のチームMVPはトモヤでした。
これからもチームを引っ張っていって欲しいです。

子供達、大会でも楽しそうにサッカーしてます。
持ち味がもっと出せて楽しめるように、

『出る杭は下から突き上げろ』
ミゲルロドリゴ談

で、楽しいサッカーしていきましょう。

試合当日はお当番さん、応援に来てくれた保護者の皆様、コーチの皆さんありがとうございました。

長いなぁ~笑。乱文失礼しました。
最後までありがとうございました。

 

レンタル掲示板
/9